2010.06.27

音楽に合わせて練習すること!

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

音楽に合わせて練習すること!
当たり前だけど、教室でも練習場でも
いつも自分が練習したい種目の曲がかかるわけではない、
これはまあ、悩みどころですね。

特に 「音が取れない」 というような悩みがある人の場合、
音楽に合わせて練習しなくちゃ意味がない。

イヤホンを耳に入れてUSBで音楽聴きながら、
という練習もありますね。
これもいいのだろうけど、私はまだやったことないですが・・

でもやっぱり会場で流れる音楽を体感しながら、
のほうが・・ですね。

方法としては、練習場なら、
「音楽に合わせたい種目」のときに集中して
「音取り」 の練習をして、
他の種目が流れている時は、
ボディやシャドウの練習をする、
というところですね、今のところ。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.11.18

ダンスと映画音楽

1日ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

映画音楽、いいですね~
私も大好きです。

ムーンリバー、魅惑のワルツ、エデンの東、ライムライト
ひまわり、タイタニック、トップガン、夜霧のしのびあい
愛情物語、会議は踊る・・・

まだまだあるけど、とにかく
映画のシーンをイメージしながら踊る、と
またすごくいい気持になったりして・・

まあ、映画音楽だと ワルツ、ルンバ、が多いですね。

ダンスにぴったりの音楽が流れる映画が
また作られるといいな~単なるノスタルジー
じゃなくて。

1日ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.04.24

踊りやすい曲

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ


いわゆる「踊りやすい曲」というのは、一般的には
演奏だけで、リズムがはっきりした曲すね。 

基本的に 「歌の入った曲」 でも、リズムの通りに「素直に」
歌ってる場合はいいけど、独特の節回しで歌ってるような
曲は 「踊るには不向き」 といえます。
つまり、「リズムの部分が聞き取りにくい」 わけですね。

ワルツ・スローフォックストロット・ルンバ、あたりにそういう曲が
あると、けっこう踊りにくかったり、音を外したり、ってことがあり
ます。
タンゴはそういう意味での 「踊りにくい曲」 は意外と少ない、
つまり 「歌が入って」 いても、タンゴ自体がスタッカートな踊りだから
でしょうね。

そういう意味で、ダンス向きの曲というのがあるわけですが、
特に練習の場合は、そういう曲を選ぶべきでしょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008.09.17

パーティ用音楽の構成

1日ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

以前の記事レビューです。

パーティ用音楽で一番優先する条件は 「踊りやすさ」です。
リズムが取りやすいこと、テンポがいわゆる標準テンポであること、
1曲の長さは2分ちょっとくらい - 少し短いかなというくらいが
ちょうど良い気がします。

そして曲の順番は、まあパーティのメンバーや状況にもよりますが、
私の感覚では、
ワルツ、ルンバ、タンゴ、チャチャチャ、スローフォックストロット、
そしてまたワルツ、ルンバ、タンゴ、チャチャチャ、スローフォックス
トロット、そのあとクイックステップ(ジルバ)、そしてまた、ワルツ・・
・・スローフォックストロット、そのあとサンバ(またはジャイブ)

つまり構成としては、モダン3種目(W、T、SFT)とラテン2種目
(R、C)を1曲ずつ、交互に流す、そしてその5曲パターンをもう
1回繰り返す。
その後、クイックステップ(ジルバ)を流し、また5曲パターンを
流し、その後サンバ(またはジャイブ)を流す・・

パーティの性質にも寄りますが、比較的こうした構成・種目配分
が 「踊る人の需要」 に合っているように思います。

説明しなくてもお分かりかと思いますが、念のため説明すると、
5種目(W、T、SFT、R、C)は踊る人が多く、さらにモダン・
ラテン交互のほうが変化をつけられる。
クイックステップ(ジルバ)、サンバ(またはジャイブ)は踊る人が
相対的に少ないので、5種目を2回繰り返した後に、それぞれ
1曲入れる。

つまり  ●5種目(W、T、SFT、R、C)、と 
      と他の種目が
 「4 対 1」 の割合 で流す、
という構成になります。
パソドブレとウインナワルツは通常のパーティではまあちょっと・・
というところでしょう。

1日ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008.08.19

オクラホマミキサー

1日ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

ここのところ、毎日ブログ更新してるので、
今日くらいはちょっと 「お盆休み」・・
にしようかなとも思ったけど、
今日も元気に書きますネ♪ ♪

今日はちょっと気分転換で・・

中学、高校の時はけっこうときめきながら、照れながら、
フォークダンスを踊ったって人多いでしょう。
それ以来もう何10年もフォークダンスなんて
やってない、かもしれませんね。

案外、異性と踊ったダンスはフォークダンスが原点、
という感じかも・

これはこれでけっこう楽しいもんです。

そこで、フォークダンスの定番曲
   ↓ クリックして聞いてみるのもいいですよ。
オクラホマミキサー

なつかしい!なんて、感じで。

1日ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007.12.05

パーティ用音楽2

よければワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

パーティシーズンなので、以前の記事のレビューです。

パーティ用音楽で一番優先する条件は 「踊りやすさ」です。

リズムが取りやすいこと、テンポがいわゆる標準テンポであること、
1曲の長さは2分ちょっとくらい - 少し短いかなというくらいが
ちょうど良い気がします。

そして曲の順番は、まあパーティのメンバーや状況にもよりますが、
私の感覚では、
ワルツ、ルンバ、タンゴ、チャチャチャ、スローフォックストロット、
そしてまたワルツ、ルンバ、タンゴ、チャチャチャ、スローフォックス
トロット、そのあとクイックステップ(ジルバ)、そしてまた、ワルツ・・
・・スローフォックストロット、そのあとサンバ(またはジャイブ)

つまり構成としては、モダン3種目(W、T、SFT)とラテン2種目
(R、C)を1曲ずつ、交互に流す、そしてその5曲パターンをもう
1回繰り返す。
その後、クイックステップ(ジルバ)を流し、また5曲パターンを
流し、その後サンバ(またはジャイブ)を流す・・

パーティの性質にも寄りますが、比較的こうした構成・種目配分
が 「踊る人の需要」 に合っているように思います。

説明しなくてもお分かりかと思いますが、念のため説明すると、
5種目(W、T、SFT、R、C)は踊る人が多く、さらにモダン・
ラテン交互のほうが変化をつけられる。
クイックステップ(ジルバ)、サンバ(またはジャイブ)は踊る人が
相対的に少ないので、5種目を2回繰り返した後に、それぞれ
1曲入れる。

つまり  ●5種目(W、T、SFT、R、C)、と 
      と他の種目が
 「4 対 1」 の割合 で流す、
という構成になります。
パソドブレとウインナワルツは通常のパーティではまあちょっと・・
というところでしょう。

よければワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007.10.31

ダンス人の習性

よければワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

音楽を聴くと、自然にカラダが動き出す・・
ダンスをやっている人間の性(さが)というか、習性というか・

それを他人にあえてわかるようにしてやってる、って時あり
ませんか?
私はあります。

「オレはこんなにダンスが好きなんだぞ」って人にアピール
してみたい、ような・

人がそれをどういうふうに見るかは、さまざまじゃないかとは
思うけど。

でもこういう習性って、「本当に自分が好きなことを持ってる」
っていう人の特権みたいな気もします~

人目を気にすることなく(逆に人目を意識してるとも言えるけど)
自分を無言でアピールする・・
ダンスってこんなに楽しいんだ、って人にフンイキが伝わったら
それもいいな、
ってところで、今日もレッツダンス!!

よければワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007.06.24

音取り

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

ルンバ、チャチャチャの音楽って、時々、音の取りにくい
曲ありますね。
歌が強調されすぎてて、リズムの部分が聞き取れない、
あるいはリズムの強弱があまりはっきりしない・・
一番いい対処法は、「そういう曲の時は踊らない」
・・っていうわけにもいかないですよね。

やっぱり 「音楽を良く聴く」 ということになります。
特に カウント 「1」 の部分をはっきりと聴く、ことです。
そして、踊り出しのときにきっちりと聴いて、踊り
出すことですね。
出だしで外してしまうと、曲の途中での修正は、けっこう
やりづらくなっちゃいます。
そのためには、「曲がかかったらいきなり踊り出す」
というように規則で決まってるわけじゃないですから、
はっきりと カウント 「1」  が分かったところから
踊り出すようにしたほうが確実ですね。

そして、今まで何度も言ってきてますが、
静止した状態から、いきなり足を出す、のでなく、
自分のボディの中で動きを作り、それを相手に伝え
るという準備動作があって、ステップするのでしたね。

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007.03.08

恋はあせらず

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

携帯電話の 「au」 のTVコマーシャルに往年のヒット曲
ダイアナロスとシュープリームスの 「恋はあせらず」 とい
う曲が使われてますね。

また 「ウコンの力」 という健康ドリンクのTVコマーシャルに
アメリカに古くから伝わる曲で映画音楽に使われてヒットした
テキサスの黄色いバラ」 という曲が使われています。
ちなみにキャラクターは桃井かおりさんですね。

TVコマーシャルから火がついて、往年のヒット曲がリバイバル
ヒットするというパターン、けっこうありますね。

上記2曲ともわたしもお気に入りの曲なのでリバイバルヒット
してほしいものです。
ダンス曲にするなら、「恋はあせらず」はクイックステップ、
「テキサスの黄色いバラ」 はチャチャチャ
にアレンジして 
「ノッテ」踊れそうです。

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (3)
|

2007.03.07

カルメン

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

ビゼー作曲の組曲 「カルメン」 の中の 「闘牛士」 という
曲、私はこの曲が大好きです。
アコーディオン演奏のサイトがありました)
タイトルは知らなくても、ほとんどの人が聴いたことのある
元気で勇壮な曲ですね。

私は、ぜひこの曲をパソドブレ用にアレンジしてもらいたい、
と思っています。
(もしあれば、ご存知の方教えてください)

もちろん、ズバリ 「闘牛士」 がテーマだからということですが
以前にも書いたように、
パソドブレといえば、実質、 「エスパニアカーニ」 しか曲が
ない、ような状況なので、もう一つや二つポピュラーな曲が
欲しいしこの曲なら大いに 「ノッテ」 踊れると思うのです。

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧