2015.05.06

兼子ただし スピード ストレッチ プログラム

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

お役立ちサイトのご紹介です。

>兼子ただし スピード ストレッチ プログラム
~体が硬い人、もっと柔らかくしたい人のためのストレッチ~

兼子ただし先生は
ダンスビュウでも連載をされていますね。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.10.09

メモは是非取ろう

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さてさて、人間は「忘れる動物」ですね。
もし、今までに教わったことを全部覚えていて、全部そのままに踊る
ことができたら、みんなトップダンサーになってしまう・・
でも実際はそんなことないですよね。
いや、実際には、理屈や言葉での説明は覚えていたとしても、体で
実現できない、踊れない、ということがほとんどですね。
だからこそ、繰り返し繰り返し、「体に覚えこませるまで」とにかく
反復練習をする必要があるわけですね。
体に覚えこませたら、もうメモなんか取らなくてもいい?
私はそんなことはないと思います。
たとえば、デモ用のあるステップを体で覚えこんで踊りこなしていた
・・その後何年間もそのステップを踊る機会がなかった・・
何年かぶりでデモをやることになり、せっかくだから以前やった
ステップを使いたい・・・あれ、どうやって踊ったんだっけ?
ということにならないですか?
そういう時に、書いておいたメモが役に立つのです。
足型、カウント、ムーブメント、方向、ボディ使い、踊り方の要領等
こと細かに書いておけば、思い出すのも早いですね。
1曲通してのアマルガメーションなんかもメモにとっておけば、いつ
でも使えます。
体に覚えこませたとしても、メモはメモで必ず生きてくるものです。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.09.30

らくらくダンスが上手くなるエクササイズ

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

今発売中のダンスビュウ2014年11月号から注目記事
をもうひとつ。
安東寿展先生流
らくらくダンスが上手くなるエクササイズ
をご紹介します。
「大切なことは、どのエクササイズも思い切り
やり過ぎないこと。決して「痛い」「辛い」と感じ
るまで行わず70%程度の力加減で、「程よい
伸び」、「少しの刺激がベストであると肝に銘じ
てください。
詳しくは本を読んでもらうとして、たとえば、
「側筋のストレッチは、力任せに状態を横に倒す
様なストレッチはNG、両腕をまっすぐ上にあげて
両脇を均等に伸ばす方法がベスト」
など、目からウロコの方法がいろいろです。
ぜひ取り入れて、役立てましょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.09.27

練習時間は絶対必要

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

大切なことなのでレビューしますね。

オリンピックに出場するくらいの選手になると、
大体小さいころから、スキーやスケートをやっていて、
それこそ 「一日10時間」 くらいの練習をこなしてきている・・

まあ、私たちのダンスをそれと同じ土俵で比較すること
なんてできませんよ、もちろん。

でも、それしても、これは私自身の自戒も含めてだけど、
「圧倒的に練習量が不足している」
ということに思い当たるだろうと思います。

ダンスの練習が 「一日10時間」 どころか
「一月10時間」 程度と言う人も多いんじゃないですか。

そんな程度の練習でうまくなったら、甘すぎる・・

これはもう、そういうふうに断言してもいいです。

もちろん練習の 「質的な中身」 が大切、それは当然。
しかし基本的に
「量をこなさなければ質的なものも見えてこない」
ということも言えます。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011.01.23

練習の時間再レビュー

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ


大切なことだと思うので再レビューします。

練習の時間の取り方はアマチュアダンサーの悩みどころ
ですね。

基本的には緊張感の持続した状態で練習する、
つまり、
「職場からの帰りの途中にする」、
「教室のレッスンが終わった後の延長線上の時間帯で
練習する」、
というほうが断然効率的だと思います。

平たく言えば、
「いったん家に帰ってしまうと、緊張の糸が切れてしまって、
改めて練習に出かけるのが億劫になってしまう」
「レッスンの直後にそのレビューをするほうが、カラダが覚えて
いるうちにカラダに覚えこませる、ことができる」

っていうことですね。

まして今は寒い時期で、よけいに
「練習をやる状態に追い込んでしまう」
ようにしないと、
「寒いから出たくない・・」 となってしまいがちです。

そんなこんなしてるうちに練習から遠ざかって
しまった・・
ということにならないために

けっこうこれ大事だと思いますよ。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010.12.29

まとまった練習

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

いよいよ年の瀬も押し迫って・・・
まあ、毎年同じこと言ってるわけだけど・・

お正月だから休まなきゃならない、と言う決まりは無い
ので、この期間にしっかり練習をやって・・
ということでダンサーとしては
まとまって練習できるチャンスでもありますね。

練習場はたいてい 「年中無休」 だし。
そんな感じで練習計画たててみましょうか~

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010.08.21

もう一度練習量を考えてみようレビュー

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

大切なことなのでレビューしますね。

オリンピックに出場するくらいの選手になると、
大体小さいころから、スキーやスケートをやっていて、
それこそ 「一日10時間」 くらいの練習をこなしてきている・・

まあ、私たちのダンスをそれと同じ土俵で比較すること
なんてできませんよ、もちろん。

でも、それしても、これは私自身の自戒も含めてだけど、
「圧倒的に練習量が不足している」
ということに思い当たるだろうと思います。

ダンスの練習が 「一日10時間」 どころか
「一月10時間」 程度と言う人も多いんじゃないですか。

そんな程度の練習でうまくなったら、甘すぎる・・

これはもう、そういうふうに断言してもいいです。

もちろん練習の 「質的な中身」 が大切、それは当然。
しかし基本的に
「量をこなさなければ質的なものも見えてこない」
ということも言えます。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010.07.31

集中とバランス

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります

人気blogランキングへ

7月も今日で終わり、数日雨風で涼しかったけど、また
暑くなる、ということですね。

さてさて時間は有限なので、有効に使わなくちゃ。
ダンスの練習も効率よく、やりましょう。

できればテーマを絞って、「課題をクリアーする」 という
ようにすれば、成果が見えてきますね。

それはそうなのですが、そうは言いながらも、
スタンダードばっかりやってると、ラテンの踊りがイマイチに
なってしまっている、あるいはその逆・・・
ありがちですね。

今後ともスタンダード (ラテン)しか、一生踊らない、
と言うなら別だけど、そんなことはないでしょうから、
その意味では、練習時間の中で1~2曲でも
ラテン (またはスタンダード) を入れて踊っておく、
というのも、 「カラダが踊りを忘れない」 ために
大切かな、と思います。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010.07.30

ストレッチ

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります

人気blogランキングへ

発売中のダンスビュウ9月号
稲垣領子先生
「ダンサーのための身体作りエクササイズ」
今年の4月号にも登場されましたね。

ダンスの練習前のストレッチは、
レッスンを充実させ、またケガを防ぐためにも
必須ですね。

DVDの中から 「ストレッチ」の部分紹介します
立った状態から右足を後ろに下げる、
その時、骨盤がまっすぐに保たれていること、
ヒップが抜けないこと、に留意する。
そしてストレッチで大切なことは
「勢いをつけないこと」
最初はまだ温まってないので、下手をすると
(アキレス腱が) プチンと切れてしまう、
そして、
『伸ばしている時に、息を吐く」 こと。

今度は逆に、
軸足の左足を曲げながら、右足を前方に伸ばしていく
右足のトウを少し上に向けていく、そうすると右足の裏側
が伸びていく

このワンセットを左右両足で行う、
留意点は
「骨盤の幅が変わらないこと、ボディがまっすぐに保たれて
 いること、伸ばしている時に息を吐くこと」

伸ばす時間は大体 「一呼吸」 20秒くらい。
・・
・・
といった感じで詳しくはDVDを見ていただくとして、
やはり、練習前に充分正しいストレッチすることが大事、
ということですね。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010.04.04

スケジュール組んで時間を有効活用

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
少しランキング下がってきました。応援よろしくね。

人気blogランキングへ

まー、一体いつまで寒いんだ!
ホントに今年は寒さが長引きますね~
桜の季節も過ぎようか、というのに・・

今日は少し暖かいけど、もうホントの春になってほしい!!
といっても、こればっかりは人間の力でどうなるもんでも
ないし・・

まあ、寒い時でも
踊る時間、練習する時間をきちっと決めてれば
「寒いから外出が面倒」 なんて感じで、結局家の中で
何もしないで過ごしちゃう、ということにならないで済む。
億劫なのは、家を出るまでのことで、一旦出てしまえば
「踊るぞ」 というモードに切り替わるわけですよね。

その意味で、スケジュールをくんでやる、ということが有効
、時間を無駄にしないコツ、だって思います。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
少しランキング下がってきました。応援よろしくね。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧