2018.06.14

燕尾服のクリーニング

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

女性のドレス、特に装飾のついたものは、
「通常のクリーニングでは難しい」ようですね。
やはり非常に「デリケートな作り」になっている
ために、「装飾品へ影響を及ぼす」
ということかなと思います。

燕尾服の場合は、普通にクリーニングに出して
大丈夫ですが、その場合でも 「手作業での処理」
で依頼するほうが無難ではないか、と思います。

もちろん、基本的に自宅でできるケアは
するほうがベター、クリーニングに出すのは、
他のスーツ等の衣料より、頻度はずっと少なめに
というところでしょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.16

クールビズ

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

ノーネクタイ姿の 「クールビズ」 
すっかり 「社会習慣」 として定着しましたね。

会社で得意先を訪問する時でも、クールビズで大丈夫
というケースがほとんどでしょう。
こういうのは歓迎ですね。

日本人はどうも生真面目で、自分から進んで殻を破る
ことができない傾向にあるので、
こうして「社会習慣」として定着して良かった、と思って
いる人は多いでしょう。

さて、ダンスの世界では・・
真夏の試合でも燕尾服、汗ビッショリ・・
うーん、まあ、これはクールビズを取り入れる、というの
とは主旨が違う、そうですけど、
本音を言えば、涼しくできないかなー・・
なんて思ったりしてます。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.29

男女の衣装の違い・・まあいいか

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

一般社会でも
ファッションというのは女性の世界、男性のファッションと
いうのは 「あるにはあるけど」 という程度が普通・・
ファッションショーというのは女性のファッションのことだし
ブティックといったお店も女性向・・
女性はいろいろな衣装を楽しみたい、男性は服装には
無頓着・・とは限らないと思うのですけどね。

それがダンスの世界になると、さらに顕著になりますね。
スタンダードの競技衣装なんて、まさしくその極致というか、
男性は燕尾服のみ
(ジャケットにしてもまあ、雰囲気的には似たようなものかな)
女性はまさしく 「百花繚乱」 何百種類のドレスがあることか。
ラテンはもう少し男性の衣装があるけれど、それにしても
そんなにバリエーションがあるというほどでもない
女性のラテンの衣装となると、スタンダード以上に
デザインが様々な形状が、咲き乱れる・・

・・と書いてきましたけど、まあいいか、とも思うし、
でもそれにしても男性ファッションももう少し欲しいかな、
というふうにも思ったりします。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.20

男性のファッション

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

たしか前にも書いたと思うけど、
スタンダードの競技会であれば、
女性は色とりどり、それこそ何100種類もの色・デザイン
のドレスがあり、「美」 を競ってます。

対して、男性は・・
燕尾服だけのワンパターン・・

いくらなんでも違い過ぎる、こりゃ不公平。
と言っても、しかたがないことですが、
そう決まってるんだから。

でもやっぱり、
男性だってある程度は、ファッションを楽しみたい
って気はあるわけだし。
ラテンは男性もある程度ウェアがありますよね。

スタンダードのほうも、
燕尾服とタキシード、カラフルなスーツと・・
なんて感じで何種類から選べる、みたいに
すると面白いんじゃないかな、
なんて思ったりします。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.13

ダンスとジュエリー

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

まあ特に女性の場合、お気に入りのジュエリーを身に
付けてのダンス、
より一層踊りがエレガントに映える、

私自身は身に付けないけど、女性の品のいい
ジュエリー類は、 「ステキだな~」 って思いますね。
ダンスがより上手くなったように見える、
というより、自分に合ったジュエリー類を身に付けてる
と、実際に、気分が良くて、踊りも調子も良くなるんじゃ
ないかな、って気がしますね。

今日はそんな宝石・ジュエリーの画像をアップしてみます。
価格のほうはちょっと 「現実離れ」 してる感じだけど・・
たまには目の保養にいいですね。


1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)