2018.06.09

クイックステップのルーティン8

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さて、V6から、フォワードロックへとつないで
いくわけですが、
このあたりリズムが速くて、さらに方向も変わるので
踊りがバタバタになりそうです。
そこで、
V6のラストのQ,Q,からフォワードロックにかけて
方向が変わることも意識して、
リズムは「Q,Q」ですが、
そんなに急がないで(音楽を外してはダメですが)
(あくまでも意識の上で)長めに音取りをする
ような感じで踊る、
といったところでしょうね。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.08

クイックステップのルーティン7

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さて、V6です。

これは男性が右ボディを斜め後方に保った状態で、
女性とのボディコネクションが外れないように、
後退(女性は前進)していく、
という点と、
「カウントが乱れがちになるので、
Q,Q,S,S,Q,Q のカウントを常に
意識して踊る」

というあたりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.07

クイックステップのルーティン6

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さて、
クイックオープンリバース(S,S,Q,Q)
最初のSの右足は、いわば「予備足」
次のSの左足でリバースターンを行うのですが、
ボディのコツとしては
「背中をローテーション」する、ということでしょうね。
背中からしっかりローテーションんすることで、
スムーズにターンし、2人のボディも離れることなく、
次の「プログレッシブシャッセ」につなげていけます。

次のフォワードロック、
ここでのポイントは、
「前のめりで音より速く」なりがちなので、
「ボディを『かなり後方に保つ』くらいの意識」
で踊る、ということになるでしょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.06

クイックステップのルーティン5

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ


さて、
スピンターン(オーバーターン)(S,S,S)の3歩目、
ここで肝心なのは、この3歩目の左足を
「後退方向にステップしないで、
ボディの真横くらいにステップする」ということです。

これは、次の「プログレッシブシャッセ」「クイックオープンリバース」
へとスムーズにつないでいく、つまり「中央斜め」方向に
スムーズにエネルギーを向けて行く
(後退方向でなく、前進方向にエネルギーを使う)
ために、行うわけです。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.03

クイックステップのルーティン4

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さて、少しバックしますが、
スピンターン(オーバーターン)(S,S,S)の1歩目、
これは男性は、十分にロアーをする、これで女性も
むりなく動けます。
そして2歩目のSの後半あたりからライズを始め、
3歩目のSはロアー、という具合ですね。
そして、特にロアーは「ロアーすること」が目的
ではなく、「次の動きのための準備の動作」
という認識を持ちましょう。
その意味でも、ライズ・ロアーは
急激にではなく、「なだらかに」行うのが基本です。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.31

クイックステップのルーティン3

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さて、個別に考えてみましょう。

特に スピンターン(オーバーターン)(S,S,S)
これ一つのポイントですね。

女性をひねらないこと、ひねるのではなく、
女性が回転しやすい動きをすること。
そのためには、
特に男性の2歩目のSの右脚の動きが大事です。
いわば、ボディの左サイドをコンパスの軸のように
して、軸をブラさないで、ヘッドは後方に保ったまま、
右脚を回転させる、オーバーターンなので、普通の
スピンターンより、余分に回転する。
その回転の間、「ボディをひねらず、ヘッドが後方
にある姿勢をキープして、右脚を回転させる、
ボディはいわば、いわば、右脚の動きに伴って
回転する」
動き自体はシンプルですが、これはけっこう
難度は高いですね。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.29

クイックステップのルーティン2

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さてカウントです。

ナチュラルターン(S,Q.Q) →
 スピンターン(オーバーターン)(S,S,S)
→ プログレッシブシャッセ(S,Q,Q,S)
 → クイックオープンリバース(S,S,Q,Q)
→ プログレッシブシャッセ(S,Q,Q,S)
→ フォワードロック(S,Q,Q,S)
ナチュラルターン(S,Q.Q) →
 スピンターン(オーバーターン)(S,S,S)
→ Ⅴシックス (Q,Q,S,S,Q,Q)
ナチュラルターン(S,Q.Q) →
 スピンターン(オーバーターン)(S,S,S)

まず、全体的なポイントとしては、
「音楽より早くならないようにする」 ということですね。
クイックステップは「早い」というイメージがあるので、
どうしても早くなりがち、特に「スロー」カウントの時に
「クイック」カウントと同じ早さになってしまう、
という傾向がありますね。
音楽をよく聞いて、カウントを口ずさみながら踊る、
それをまず習慣にしてみましょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.27

クイックステップのルーティン

クイックステップのルーティン

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さて、クイックステップのルーティンをやって
みましょう。
流れは下記のようになります。

ナチュラルターン → スピンターン(オーバーターン)
→ プログレッシブシャッセ → クイックオープンリバース
→ プログレッシブシャッセ → フォワードロック
→ ナチュラルターン → スピンターン(オーバーターン)
→ Ⅴシックス → フォワードロック
→ ナチュラルターン → スピンターン(オーバーターン)

という繰り返し、まあ「ベーシック」ですね。

それぞれの踊り方については、次回以降でやって
いきましょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.30

クイックステップのルーティン

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

クイックステップは他のスタンダード種目より踊る頻度は
比較的少ないかと思います。

クイックステップも踊りたいが、普段ほとんど踊る機会が
なく、ステップもあまり知らない・・
ポンポン跳んだり、走ったり、みたいな
カッコいいステップを踊ってみたい・・
といってもそのあたりのカッコいいステップは、ペアで
練習しないと、タイミング合わせ等がなかなか難しかったり
するわけですが。

それなら、まずベーシックだけ、
ナチュラルターン、スピンターン、クイックオープンリバース、
フォワードロック・・
ひたすらそれだけのステップを繰り返しているだけでも
なんとか1曲踊れる・・というところから、踊る回数を
増やしていく、というのも良いでしょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.12

「ホップ」系のステップ

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

クイックステップは
ワルツ、タンゴ、スローフォックストロットに比べると踊る回数
が少ないですね。

クイックステップの特徴の一つの
ポンポン跳んでいく 「ホップ」系のステップは、お互いのタイミング
が合えば、とても 「心地よい」 ステップですね。

そうは言ってもそれができるパーティ会場は限られている、
まあ、狭い会場なんかでは、ヘタすると 「衝突」 したり
なんて危険もあったりします。

それと、そうした 「ホップ」系のステップは、ある程度ペアで
練習してないと、お互いのタイミングが合わない、というのが
あるでしょう。

その意味では、ベーシックだけでも、きっちり踊れば、
クイックステップの楽しさは十分味わうことはできます。

やはり 「ベーシック」 が大事、ということですね。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)