2014.06.08

サンバのナチュラルロール2

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

カウントはSQQだがQQを急いで取るのでなく、むしろイメージ
としてSとQを同じ速さくらいのイメージで取っていくほうが
「流れるような滑らかなロール」になる。
位置関係が上になる時は、へっぴり腰にならないように
腹はグーンと凹ませて、「坐骨を天井に向ける」
下になる時は、「潜りすぎない、頑張りすぎない」、頑張るのなら
上の時にむしろ頑張る。
ある程度形になってきたら、足が揃った時(SQQの3歩目)
にはややスエイがついている、ような状況をイメージして
みる。
外回り(前進)の人が方向性をコントロールする、後退の人は
前進の人を通してあげる、という役割分担をする。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.05.31

サンバのナチュラルロール

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さて5月も今日まで、本格的な夏に向かうシーズンになって
きました。

さてサンバのナチュラルロール、これはサンバの中でも
ある程度難度の高い技です。
特に身長差があるカップルには手ごわいですね。

お互いの身長差を考慮しながら「ムリムリのシルエット」に
ならないように「流れるようなロール」を描いていく、
いわゆる「ナチュラルターン」と同じようにして相手と半身で
ホールドする。

前進は足をまっすぐ出す。後退の時は左足は真後ろでは
なく左斜め後ろに出す。
後退の2歩目は歩幅は小さい、他の時はある程度大きい。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.03.27

サンバのプラット

サンバのプラット
1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さてサンバのバックロックの次はプラット(プレート
ともいいますね)が続くケースが多いですね。

これはあまり大きく移動するのでなく、むしろ
女性の左右への動きを強調して見せる、という
ところが1つのポイントでしょう。
S,S,Q,Q,Sの繰り返しのカウントですが、Sを長め
に取って緩急・シャープさを強調する、というの
ももう1つのポイントと言っていいでしょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014.03.15

サンバのバックロック

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さてリバースターンの次はバックロック。
カウントはQQSですが、Sをやや長めに取る
男性の左アーム(女性の右アーム)は立ててくっつける感じ。
ホールドはコンパクトにする。
男性は前に出ないで、女性を出したり引いたるする感じにする。
ヒザの曲げ伸ばしははっきりさせる。
QQはボディは移動しないでその場で踊る、移動してる
ヒマはない。つまり前足に重心を移しているヒマはない。
プレスだけして2回目のQで後ろ足に戻る・・
というところでしょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.03.09

サンバのリバースターン

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

カウントは 「1a2」「3a4」 ポイントは
「回ろうとしないこと」むしろ、まっすぐ足を出して最後に
回転する。「相手を追い越していくようなイメージ」
「回転ではなく、進行・バウンス」を見せる
のがこのステップのポイントと言えます。
2人のポジショニングは 「トップは広くて良いが、おへそ
から下はくっつけるぐらいにする」「スウェイはしっかり
見せる」
「(歩幅は)前進は大きく、後退は小さく」・・という
ところでしょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.02.08

サンバのリズム

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

ホイスク、ウォーク、ボトフォゴ、ボルタ、に共通するのは
「1a2」「3a4」のリズム。
「a(ライズ)」の時に、下からのプレスではねかえす。その結果
ヒップがポコンと後ろに出っ張る。
「a(ライズ)」の時にバウンスの「オンビート」がある。
それもいきなりでなく、徐々にアップしていく。
「a(ライズ)」の時以外はヒールはしっかり着けることで、
ドタバタ感をなくす。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.01.11

プロムナードトゥカウンタープロムナードラン4

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さてさて、本当に久しぶりにサンバの記事ですね。
直進する側の人は、どんどん進む、ただし回り込む人
の妨げにならないように、「1歩目は小さく」2,3歩目(
特に3歩目)は大きく、左手で相手を少し押す、そして
右手で受け取る、という感じにする、やや強めにやる
が、「ブン投げる」 のでなく 「押す、受け取る」 とい
う感じにする。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013.09.23

プロムナードトゥカウンタープロムナードラン3


1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

回り込む側の人は1,2,3のタイミングで行く場合、
1(左足-アップ)左のヒップを引き上げるようにして進む、右足を踏ん
張っていくのではない、相手とスクエアポジションになる。ネックは切らない。
次の「2(右足-フラット)」で両足が真横に開いている。(右足を左足に寄
せて来て開く-自然に行う)。3歩目の後ろ足はピーンと伸ばす。

ホールドは柔らかく、「ほぼ添えてるだけ」」くらいにする。アームは背中
まで回さない。それによって広さを出す、丸い状態を保つ、つぶさない。

直進する側の人は相手の背中を少し押して回り込めるようにリードする。
ムリに回そうとしなくても
回ろうとしなくても、1歩目の後待っていれば相手は進んでいきやすい。
回り込む人の1歩目(左足)は相手の外側(斜め前)に来るくらいに思い
きって回りこむ(相手の進行の邪魔をしない)。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.08.25

プロムナードトゥカウンタープロムナードラン2

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

左側(回るほう)の人は常に相手より少し前に居る(足は
進行方向に出す)。相手のほうを向いてる感じ。
その位置関係で踊ることでお互い同士動きをじゃましない
で踊ることができるのです。
もし2人が平行な状態で、同じスタート位置から踊ると
よほど左側の人がうまく動かないと右側(直進)の人の
動きを妨げることになるでしょう。

回るほうの人は1歩目は大きく、2歩目は小さく、
ムリに回ろうとせず、「行ってくれるのを待ってる」くらいにする、
3歩目も小さく行きます。

右側(直進するほう)の人はドンドン進む・・と言っても、
1歩目は小さく(相手の回り込みを邪魔しない)、
2,3歩目(特に3歩目)は大きく行きます。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.08.16

プロムナードトゥカウンタープロムナードラン

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さて順番からすると、ホイスクからとなるところですが、
ホイスクはかなりネット上にも出てるし、私も以前書いてる
というのもあるので、後回しにしますね。

プロムナードトゥカウンタープロムナードラン

略して 「カウンター」 なんて言ったりするくらい、
正式名称が長くて覚えにくいのですが、
サンバの中でもけっこうポピュラーで、見せ場の
一つにもなってますね。
そして、「二人の連係プレー」 が特に重要なステップ
でもありますね。

切れ味を見せるというよりも
男女が入れ替わりながら進んでいく・・
そういう流れを魅せる、のがポイント、というふうに
言ってもいいでしょう。

カウントは1,2,3でやっていきましょう、他の取り方
をすることもあるようですが・・

そしてカウントの長さ的には
1、2、3(3/4、2/4、3/4)という長さで踊っていきます。

では、スタートの時の位置関係ですが・・・

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|