2015.01.10

ルンバのカウント続き

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

今まで 「2,3,4,1」 というカウントで踊り慣れてきていると、
「&」を入れて踊るというのは、なかなか難しく感じるかもし
れませんね。
やはりこれも「慣れ」の問題で、初めは音に合わせてやろ
うとすると、「間に合わない」となるかもしれません。
しかしとにかくつづけていくことで、それが普通のことになって
くる、これは必ずそうなります。
ベーシックルーティンで練習するのもいいですが、
ルンバウォークで練習するのがいいですね。

ルンバは比較的ゆったりした踊りなので、8ビートを体得する
には適している、とも言えますね。

男性女性双方が8ビートでの踊り方、「&」カウントをしっかり
使う踊り方を出来るようになると、明らかに踊りの質が変わって
きた、ということを実感するようになるでしょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015.01.07

ルンバのカウント

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さてさて、何度も書いていますが、ルンバのカウントですね。
大切なので、おさらいしてみましょう。
*基本男性のアクションで書いています。
すべて「&」カウントが入ります、つまり
3&4,1&2&3&・・・
というふうに必ず「&」カウントを意識して踊ります。

数字カウントの時は基本的に「ステップ」をする
「&」カウントのときはステップをするのでなく
「リード」と「ボディアクション」
*少しは例外がありますが。

体重を乗せるのはステップをする数字カウントの時、
さらに細かく言うと、数字カウントの終わりあたり・・
かなり微妙ですけどそんないめーじでやってみましょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.07.27

ルンバのリード

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さて、暑さがぶり返したか??
3年前の夏が猛暑だったのは、記憶に新しいところです。

今年は、初めに 「暑い!」 今年は猛暑?
という感じだったけど、その後涼しくなって 「もしかして冷夏?」
という感じの行ったり来たりで・・

今日は暑いですね。
まあ、夏は暑いほうがいい、と私個人はそうですね。

さてさて
ルンバは切れ味が大切、ですが、
リードの時、力で押し引きするのはNGですね。
男女のボディが 「ゴムが伸び縮みするように」
「圧縮」「爆発」のイメージの動きになるのですが、
それはあくまで、「カラダの中からの動きが相手に伝わる」
のであって、
腕で強引に押し引きをしているのではない、ですね。
ここが大切なところです。

この感覚はけっこう難しいですが、いわゆる「インナーマッスル」
を利用する、という感じにつながります。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.07.13

ルンバの8ビート

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ
1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

さて、8ビートといっても「2&,3&,4&,1&」
と言って口に出してカウントをとっても
「間に合わない」という感じもあるでしょう。
なので、
「ボディの内側からの動きで8ビートを表現する」ことが
できれば、別に口カウントで「8ビートになってるのかな?」
と悩む必要はないでしょう。

つまり、
カウントというのはある意味「方便」であって、
ボディが滑らかな動きをしていれば、それでOK、
と言っていい、ということです。

カウントを8ビートで刻むことはある意味「手段」であって、
目的は「ボディを滑らかで小刻みに」動かし、体現すること
である、と言い換えていいでしょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.06.16

ルンバのイントロ

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ
8ビートでの滑らかな踊り、うーんいいですねえ。
これがチャチャチャのロックみたいに
「4&1」とステップが3つあるのなら、いやでも「&」カウント
を使うことになるのだけど、ルンバの場合は「&」カウント
でステップするところがないので、
口でカウントしていても実際には8ビートっぽい踊りに
ならない・・
そこで「ボディの使い方」ですね。
数字カウントでステップをして「&」カウントで体重を乗せきって
ヒップアクションをする、基本的にそのように理解します、
すべてではないですが。
ルンバの動きは 「前後に引き裂く」 ような動きが
あります。
というより、ボディが「まったいら」になることはほとんどなく、
「ひねり」「前後に引き裂く」ような動き、がルンバの基本と
言っていいでしょう。
1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.06.12

ルンバのイントロ

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さて、あらためて、ルンバの「&」カウントは
「次の動きへの準備」
「動きを止めないでボディの動きを見せる」
という意味がありますね。
それによって 「滑らかな動き」 「メリハリのある動き」
を実現します。

踊るときに
「2&,3&,4&,1&」の8ビートで練習を始めてみると、
口でのカウントと踊っている動きが
『必ずしも一致していない」という感じがする
のではないかと思います。
それはまあ無理もないこと、今まで4ビートで
踊っていたのをいきなり8ビートで踊ったからと
いって、そうそう踊りが急に変わるわけではないです。
では、少しずつでも目指す踊りに近づけていきましょう。
口でのカウントと踊っている動きを一致させていくには・・・


1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.06.09

ルンバのイントロ

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さてさて、イントロの「4,1」で右足に体重を乗せきって、
ヒップアクションにつなげて、オープンヒップツイストに
つながるわけですが、「4,1、&」で十分タメを作って
「2」で左足を前進させます。

カウントはそうですが、足運びとしては、
「O脚風にならない」 まあ当然なんですが、意外と気づかず、
両膝の間があいていることってあります。
なので、意識して後ろ足を前進させるときに
『膝を集める」ような感覚でのフットワークを心がけましょう。
これも 「意識的に」 「習慣化する」 ことですね。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.06.02

ルンバのイントロ

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さてルンバの踊りだしの動きですね。
男性の踊りだしは

「オープンフェイシングポジションから
右足を 「4、1」で前進させる」

というパターンが多いかもしれませんね。

さてそれをもう少し進化させてみましょうか。
踊りだしのいわば準備段階 、プレパレーションで
「静止した状態からいきなり足を出す」
ような踊りではなく、

「3、&」 カウントで男性がヒップアクションを起こす
~足は出さない、ヒップアクションだけ~
これによって女性が動き出すきっかけを与える
その後の 「4、1」で男性が右足を前進する、

そのときのポイントは

「4」でステップをするのですが、
そのとき「4」で「前に突っ込む」ような感じにならないように、
ボディより足が先行するような感じでということです。
「1」で「体重を乗せきってヒップアクションにつなげる」という
感覚ですね。
これは「女性がボディを使う余裕を与えるリード」
ですね、これけっこう大切です。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.05.27

ルンバの8ビート

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

8ビートといっても、実際は「4&1&」の部分は「4,1&」
というふうに「タメ」 の部分で、特にじっくりカウントする
ようにして、「2&3&」の部分より長めにカウント
するような感じで緩急のメリハリを出してみましょう。

「4、1&」の部分は
「ステップするのでなくステップした後のポーズを見せる」
という場合が多く、その分 「ぐっとねちっこく粘る感じ」を強調します。
「動きをとめないでボディの中からのひねりを見せる」
というふうなイメージになります。

けっこうこれは 「ルンバの見せ場」 ですね。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.05.25

ルンバの8ビート

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さてさて長い間、まともな更新をしてません。
ブログタイトルにふさわしい記事をそろそろ復活しなければ・・

とりあえずラテン中心に少しずつ書いていこうかと思います。
今まで書いた記事と重複するところもあるでしょうけど、
まあそれはそれでいい、としてもらいましょう。
レッスンでは大切なポイントは何度も何度も繰り返し
練習するわけだから・・

さてルンバです。
ある程度レベルアップを目指すのであれば、
基本的に 8ビート でカウントすることですね。
「2,3,4,1」の4ビートではやはり
ルンバ特有の「ため」 や 「やわらかいきめ細かいアクション」
がなかなか表現できませんね。
「2&,3&,4&,1&」の8ビートで練習をしましょう。

「&」カウントの時はおもに 「フットワークではなくヒップアクション」
を行うことが多いですが、ステップによってはそうとも限りません。

そのあたりも含めて、徐々に勉強していきましょう。


1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|