« もうすぐ師走 | トップページ | メリークリスマス! »

2015.12.13

微妙な「踊りやすさ」

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

踊りの相性、特にスタンダードの競技カップルのケースは
かなり微妙なんですね。

ボディのちょっとした「位置関係のズレ」「ホールドの強弱」
「回転の微妙なタイミング」等々・・・

女性はいわば「受ける側」なので、ほんのちょっとした違いでも
「あと少しだけこういう風にしてくれると動きやすい」といった部分を
敏感に感じる・・それを男性に伝えると・・
「そうかなあ、そういう風にしてるけど、他の女性とだと、特に
違和感なく『踊りやすい』って言ってくれるよ」

という風なやり取りがあって、なかなかお互いが譲らない・・

よくある光景だと思います。

まあ実際のところ
「男は女になれない、女は男になれない」
当たり前だけど、完璧に相手の感覚を理解するなんてムリ・・

上記のようなやり取りも
お互いの力量、身長、ちょっとしたボディ感、経験等によって
違ってくる、「絶対それが正しい」という基準なんてない、
それが難しいところですよね。

だから競技会で、同じクラスくらいの力量の人であっても
Aさんと組んだら、とてもいい踊りで成績も良い、
Bさんとだと、踊りがイマイチで成績も良くない、
かと言ってBさんがヘタかというとそうでもない、
他の人と組んでやるととてもいい踊りになっている・・

その意味ではいずれにしても
「プロではない、アマチュアの趣味でやってることだし
そんなに悩む必要はない、誰とでもおどれるという必要もない」
というふうな割り切り、開き直り、もあっていいのかな、
なんて思います。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

|
|

« もうすぐ師走 | トップページ | メリークリスマス! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/62860974

この記事へのトラックバック一覧です: 微妙な「踊りやすさ」:

« もうすぐ師走 | トップページ | メリークリスマス! »