« ラグビーW杯 | トップページ | ヤクルト優勝! »

2015.09.27

ラテンのボディのひねり

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

ルンバでもチャチャでも、「ボディが平らになってる瞬間は
ほとんどない、前後へのひねりがあることで深みと切れ味が
生み出される」
この「ボディのひねり」はラテンダンスのスキルの重要ポイント
ですね。
ひねりを生み出す源泉は・・

「両腕を使って体操のようにひねる」・・・そんなわけないですね。

「足元から来るパワー、プレスしたパワーがボディに伝わって
自然な『ひねり』が生まれる・・」
そんな表現になるでしょうか。

ルンバとチャチャは、また少し違ってきますね。

チャチャは動きが早い分 「瞬間的な強めのプレス」

ルンバは動きがゆったりしてる分 
「筋肉のパワーを使ったような強いプレスではなく、
どちらかというと柔らかいプレス」

そんな感じのプレスが 「かっこいいボディのひねり」
の源泉になる・・
というところでしょうか。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

|
|

« ラグビーW杯 | トップページ | ヤクルト優勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/62361582

この記事へのトラックバック一覧です: ラテンのボディのひねり:

« ラグビーW杯 | トップページ | ヤクルト優勝! »