« この変化に注目! | トップページ | 静岡県ダンス事情 »

2014.10.16

がに股になることもある?

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

特殊な振り付けを除いては、「がに股」 風に踊ることはない、と
いうことをずっと以前に書いていると思います。
ただし、例えば、イメージ的にそんな感じで踊ることは、ないこと
もないですね。
例えば、スローフォックストロットの「リバースウェーブ」、これあた
りは男性はバックウォークになるわけですが、どちらかというと
足をまっすぐ下げるというより、「がに股」風のイメージで、ただ
しそれが周囲からはわからないように、踊るほうが、それっぽ
く踊れる、という感じがします。
それからワルツのスピンターンも、まあ「がに股」ではないの
だけれど、左足後退の時の要領が「がに股」風、というと、
イメージしやすい、という、あたりですね。
まあ、いずれにしても 、実際にがに股に踊るというより、
「踊り方の要領のイメージ」というとらえ方で良いでしょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

|
|

« この変化に注目! | トップページ | 静岡県ダンス事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/60490057

この記事へのトラックバック一覧です: がに股になることもある?:

« この変化に注目! | トップページ | 静岡県ダンス事情 »