« 得意種目を持つ | トップページ | 南半球は真冬 »

2010.08.21

もう一度練習量を考えてみようレビュー

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

大切なことなのでレビューしますね。

オリンピックに出場するくらいの選手になると、
大体小さいころから、スキーやスケートをやっていて、
それこそ 「一日10時間」 くらいの練習をこなしてきている・・

まあ、私たちのダンスをそれと同じ土俵で比較すること
なんてできませんよ、もちろん。

でも、それしても、これは私自身の自戒も含めてだけど、
「圧倒的に練習量が不足している」
ということに思い当たるだろうと思います。

ダンスの練習が 「一日10時間」 どころか
「一月10時間」 程度と言う人も多いんじゃないですか。

そんな程度の練習でうまくなったら、甘すぎる・・

これはもう、そういうふうに断言してもいいです。

もちろん練習の 「質的な中身」 が大切、それは当然。
しかし基本的に
「量をこなさなければ質的なものも見えてこない」
ということも言えます。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

|
|

« 得意種目を持つ | トップページ | 南半球は真冬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/49206033

この記事へのトラックバック一覧です: もう一度練習量を考えてみようレビュー:

« 得意種目を持つ | トップページ | 南半球は真冬 »