« 最初が肝心3 | トップページ | お盆の過ごし方 »

2010.08.09

最初が肝心4

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

少なくとも 「指導する側」 の人は、
「足型ではなく、ボディを使って踊る」 見本を見せることです。

「右足を出して46度回転して、左足を出して、右足を左足に閉じる」
(ごめんなさい、内容が合ってるかどうかははともかく、
 教え方の表現の見本なので、適当に書いてます)
・・的な教え方、ではなくて
・・
「上半身をスイングさせて、前方に動こうとすれば、自然にヒザは
曲がりますね、その状況で前方に、進んでみてください・・」
的な感じで、

例えば『弧を描くような』 動き、といった表現が初心者に対して
適切かどうか、というふうにも思えるけど、そのあたりは案外、
初めの段階で、そうした動き・イメージを教えておけば、
「そういうものなんだ」 という感じでいくもんだ、って言う気がしますね。

すぐできるようになるかどうかは別として、
「いきなり脚を出す」 のでなく 「ボディが動いた結果、脚が出る」
といったことを理解してもらうのです。

指導者の方々、どうですか?

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

|
|

« 最初が肝心3 | トップページ | お盆の過ごし方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/49101714

この記事へのトラックバック一覧です: 最初が肝心4:

« 最初が肝心3 | トップページ | お盆の過ごし方 »