« 2010年5月18日 | トップページ | 2010年5月23日 »

2010.05.19

個人プレー

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

よく考えると、社交ダンスってかなり特殊なスポーツですね。

もちろん 「一人ではできない」 という点もあるのだけど、
一人でできないスポーツというのはたくさんあります。

しかしそれにしたって、例えば野球やバスケット等の
団体スポーツであっても、まあ言わば基本的には
「個人プレーの集合体」 っていうふうに言えるわけですね。
もちろん 「チームプレー」 という考え方があるわけだけど
あくまでここで言ってるのは、
物理的な意味で 「個人プレー」 という意味です。

プロレスみたいにタッグを組んで戦うゲームでも
基本的には
「個人プレーの集合体」 です。

つまり何を言いたいかと言うと、
社交ダンスの場合は、
「個人プレー」 では意味をなさない、
「相手と組んでいる、ボディを接している」 状態でなければ
意味をなさない、
という点です。

物理的に個人プレー、つまり
「相手とボディを全く接触することなく」 
男女がそれぞれの役割をシャドウだけで1曲踊り切る、
というようなことだとしたら、
社交ダンスにならない、
っていうことです。

まあ、いわゆる 「振付によるショーダンス」
ならあり得るでしょうが。
まあ、それが
社交ダンスの難しさであり、楽しさである、と言えるわけですね。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年5月18日 | トップページ | 2010年5月23日 »