« サンバレッスン’10その7 | トップページ | タンゴのスローアウェイオーバースウェイ2 »

2010.03.27

タンゴのスローアウェイオーバースウェイ

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

さて、サンバを少し休憩して、
ご好評の
鈴木美代子のボールルームダンス

からタンゴのバリエーションをワンポイント紹介しますね。
スローアウェイオーバースウェイ。

スローアウェイは「投げる」という意味があります。
ですから男子はオーバースウェイよりも多くカラダを回して
女性の左脚・ボディを男性の前方に送ります。
スローアウェイオーバースウェイはワルツでも踊られますが、
タンゴでは音楽の雰囲気が変わりますから、当然表現が
変わってきます。
方向は同じです。
タンゴの場合はストロングでアクティブでドラマチックな表現
をします。
しかし音楽によってはとても渋い表現をすることもできます。
・・・
・・・
◎スローアウェイオーバースウェイのコーナーでの入り方
  コーナーでエロスラインを踊ります。
  (カウントはスロー(S))
  次にスローアウェイオーバースウェイを踊ります。
  (カウントはスロー、スロー、スロー(SSS))
  そしてプロムナードポジションで中央斜めに終わります。
  エロスラインはギリシャ神話に出てくるエロスの像から
  名づけられました。
  そこからスローアウェイオーバースウェイに入るわけですが・・・

鈴木美代子のボールルームダンス
お申込みは ↓
「鈴木美代子のボールルームダンス」お申し込み画面

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

|
|

« サンバレッスン’10その7 | トップページ | タンゴのスローアウェイオーバースウェイ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/47897601

この記事へのトラックバック一覧です: タンゴのスローアウェイオーバースウェイ:

« サンバレッスン’10その7 | トップページ | タンゴのスローアウェイオーバースウェイ2 »