« ルンバの音楽表現2 | トップページ | ルンバの音楽表現4 »

2010.01.27

ルンバの音楽表現3

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

ルンバは特に 「カラダの柔らかさ」 を強調できる種目ですね。

上級者・トッププロの踊りを見ていると、
そのことがよくわかります。
ウェーブ、というか波打つようなカラダの動きは
ルンバの大きな魅力です。

この場合の「柔らかさ」 というのは、もちろん
体幹部分つまりカラダの中心がしっかりしている
ことをふまえての、「柔らかさ」 であるのは当然です。

例えば、
オープニングアウトライトトゥーレフトなども
男女それぞれが 「カラダの柔らかさ」 を音楽に乗せて
表現するのに適したステップですね。

女性が男性に手を回しながら思わせぶりに男性の前を
右に行っては引き返し、左に行っては引き返す・・
男性は
「女性が自分の目の前を自分を見つめながら近寄ったり
離れたり・・」
するのを自分自身もカラダを柔らかく使いながら
コントロールする・・
このあたりの 「情感」 もっと言えば 「情念」 みたいな
ものを表現するつもりで踊ることができると、
見た目も断然違ってくるでしょう。

そういう観点で練習したことのある人は、
そんなに居ないかもしれませんが、
(もちろん私もやってません)
是非チャレンジしてみましょう。
ルンバがもっと楽しくなる、って思います。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

|
|

« ルンバの音楽表現2 | トップページ | ルンバの音楽表現4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/47401339

この記事へのトラックバック一覧です: ルンバの音楽表現3:

« ルンバの音楽表現2 | トップページ | ルンバの音楽表現4 »