« 原辰徳監督 | トップページ | 毛細血管を伸ばす »

2009.12.29

脳、快適練習

1日ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

前にも似たようなこと書きましたが、
気分的に、あるいは体調的に、どちらにしても
「何となく乗れないような状態のとき」
の練習は、
「得意な種目のみ」にする、
というのが絶対いい、って思います。

何故かって?

ノリが良くない状態のときに、不得意、(ではなくとも
少なくとも得意ではない) 種目を練習する、
とどうなりますか。
ますます 「うまくいかないっ!」 って感じでストレス
たまるんじゃないですか。
それで結局、練習の成果が挙がらない、というより、
練習しないほうがむしろ良かった、なんてことにさえ
なりかねないです。

あるいは、まず得意種目で気分を 「好調状態」に
持ってきておいて、それから、得意でない種目に
かかる・・・

というふうに、つまり気分を、というか 「脳」 を快適
状態にしておくことが、練習を気分よくやれて、成果を
挙げるコツ、であると言えます。

1日ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

|
|

« 原辰徳監督 | トップページ | 毛細血管を伸ばす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/47138350

この記事へのトラックバック一覧です: 脳、快適練習:

« 原辰徳監督 | トップページ | 毛細血管を伸ばす »