« 英語の達人UP! | トップページ | バランスが肝心 »

2009.10.22

スピンの連続

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

ご好評の
鈴木美代子のボールルームダンス
ワルツのバリエーション編から少しレッスンしてみましょう
ナチュラルスピンターン
   (男性カウント(1,2,3(右足、左足、右足) ⇒ 
   1,2,3(左足、右足、左足) ))
の後、
スピンの連続、これも決まるとかっこいいですね
男性は右足から、カウントは
1&2,3 ⇒ 1&2,3
という流れですね。

スピンというと、「回らなくちゃ!」
という気持ちが先走ってしまうのですが、
しかも相手の周りを回ろうとして一生懸命になってします
しまいがちです。
しかし、通常スピンは右回転を起こしながら、フロアーの左の方向に
進んでいきます。
同じ所にとどまっているわけではないですね。
なので、「回転」というより「進行性」ということが重要です。
男性は初めは
「女性サポートしながらを立たせる」
「女性を回りこもうとするのでなく、
女性の中を通り抜けるようなイメージで
進行する、2歩目の左足で回転する」
女性は男性の進行を妨げないように
むしろ招くような感じで後退する
左足で床をかき集める、男性を吸い込む、ようなイメージですね。
次に男性を軸に積極的に前進する
このように男性と女性が交互に踊ります。

回転しようと言う意識でなく、
進んでいく、 
という意識で踊ることが大きなポイントですね。
もちろんその間、ホールド、ネックの位置は
きれいに保っています、これもすごく大切な点です。

「鈴木美代子のボールルームダンス」
申込は申し込み画面からどうぞ

実際のDVDを購入していただいて、見て納得するのが
まさに百聞は一見にしかず、です


1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

|
|

« 英語の達人UP! | トップページ | バランスが肝心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/46550652

この記事へのトラックバック一覧です: スピンの連続:

« 英語の達人UP! | トップページ | バランスが肝心 »