« タンゴコントチェック | トップページ | ルンバの緩急 »

2009.07.10

ルンバの8ビート

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

ルンバのカウント、2、3,4,1
8ビートでいうと、2&、3&、4&、1&・・

8ビートというのは、もちろん4ビートよりなめらか
できめ細かいボディアクションですね。

つまりチャチャチャのロックやシャッセみたいに
4&1、という感じで足型的にあるならわかりやすいけど、
ルンバの&カウントは
「ボディの内側からの動き」 で表現する、
という感じなので、
その感じをつかむのは、訓練が要ります。
「ボディをくねらせればいい」というものじゃないですよね。

1つの方法として、
2&、3&、4&、1&・・とカウントを言いながら
ゆっくりとシャドウをする、
という方法があるでしょう。
とにかく少しでもそのイメージをつかむために
ゆっくりとシャドウをして、
繰り返し訓練しましょう。

必ずそのイメージがつかめるようになります。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

|
|

« タンゴコントチェック | トップページ | ルンバの緩急 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/45588814

この記事へのトラックバック一覧です: ルンバの8ビート:

« タンゴコントチェック | トップページ | ルンバの緩急 »