« 英語の達人2 | トップページ | 踊りのイメージ1 »

2009.04.24

踊りやすい曲

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ


いわゆる「踊りやすい曲」というのは、一般的には
演奏だけで、リズムがはっきりした曲すね。 

基本的に 「歌の入った曲」 でも、リズムの通りに「素直に」
歌ってる場合はいいけど、独特の節回しで歌ってるような
曲は 「踊るには不向き」 といえます。
つまり、「リズムの部分が聞き取りにくい」 わけですね。

ワルツ・スローフォックストロット・ルンバ、あたりにそういう曲が
あると、けっこう踊りにくかったり、音を外したり、ってことがあり
ます。
タンゴはそういう意味での 「踊りにくい曲」 は意外と少ない、
つまり 「歌が入って」 いても、タンゴ自体がスタッカートな踊りだから
でしょうね。

そういう意味で、ダンス向きの曲というのがあるわけですが、
特に練習の場合は、そういう曲を選ぶべきでしょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

|
|

« 英語の達人2 | トップページ | 踊りのイメージ1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/44771363

この記事へのトラックバック一覧です: 踊りやすい曲:

« 英語の達人2 | トップページ | 踊りのイメージ1 »