« ダンスとジュエリー2 | トップページ | 避けて通らないで! »

2008.11.23

「教わる側」 と 「教える側」

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

人の踊りの問題点を指摘するのって難しいですね。
生徒さんを教えている立場であれば、
相手の改善点を指摘しなければ、
「何のためにおカネをもらってレッスンしてるんだ」
ということになりますよね。

しかし、人によっては、
「問題点を指摘されると落ち込んでしまう」
場合によっては、
「やっててもいろいろ指摘されるばっかりで、楽しく
ないから、もうレッスン行かない!」

となったりする場合もあります。

でも普通に考えれば、
「上手くなってもらいたいから、いろいろ指摘して
るのだけど・・」

そのあたり、「教わる側」 と 「教える側」 との
コミュニケーション、意識のズレ、みたいな点を
どうするか、っていうところになってきますね。

これはけっこう大切なテーマなので、
少し何回かに分けて考えてみましょう。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

|
|

« ダンスとジュエリー2 | トップページ | 避けて通らないで! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/43197518

この記事へのトラックバック一覧です: 「教わる側」 と 「教える側」:

« ダンスとジュエリー2 | トップページ | 避けて通らないで! »