« 2008年11月23日 | トップページ | 2008年11月25日 »

2008.11.24

避けて通らないで!

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

確かに、言われないと気が付かない、ということ
ありますね。

「ボディの上半身がグラグラ揺れる」
「余分な力が入って力んでしまう」
モダンのとき、顔が相手のほうに寄りすぎてしまう
ホールドがきつい、
逆にホールドが離れすぎる
全体的に「重い」
・・
・・・
このあたりは自覚症状がないままに踊っていると、
何年もそのままで、もし指摘されたら、今度は
それを直すのにエライ時間がかかる・・

基本的にはこれは指導者の立場の人が
しっかりと教えるべきです。
個人レッスンをしていれば、当然その人の欠点、
というか改善点はわかっているのですから。
そして上に挙げた現象は全て 「足型」 ではない
部分、もっと本質的な部分ですよね。
そのあたりを改善すれば、踊りが劇的に向上する、
ということもわかっているはずです。

確かにステップを教えるより、テーマとしては大きいし
一朝一夕に変わる部分ではない、そして
教わる側が自分自身の努力で地道に改善して
いくウエイトが大きい、
ということで、なかなか難しい、ということもあるの
ですが、それはやはり避けて通ることはできない点です。

1日1クリック応援お願いしますね、記事の励みになります。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年11月23日 | トップページ | 2008年11月25日 »