« ジュリアナ復活 | トップページ | 全ダ連研修会2 »

2008.09.09

全ダ連研修会

1日ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

昨日、全ダ連(全日本ダンス協会連合会)
の研修会
が文京シビックセンターで行われました。

講師は10ダンスチャンピオン、石原正敏プロ。
2時間の研修時間でしたが、さすがにいろいろと
いい勉強になりました。

その中で、
アンパンマンにたとえて、パンはそのままに
あんこを外に放出する、
シルエットそのままにエネルギーを外に放出する
という話がありました。

つまり、カラダの内部にエネルギーを溜め込んだまま
形の通りに踊る、というのでなく、
例えば、ワルツのオーバーターンの時など、
空間をつかむ、空間に対してエネルギーを放射する

というイメージですね。

私流に解釈すれば、
実際に動いている手の 「さらに1メートル先」 くらい
までの位置を意識して、空間を支配している、
そしてしばらくその空間に余韻が残る、そんな踊り、
というところです。
そのためにはカラダの内部のエネルギーを外に
出す、つまりその分、ボディは軽くなる

ということですね。

1日ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

|
|

« ジュリアナ復活 | トップページ | 全ダ連研修会2 »

コメント

maitoさん、ありがとうございます。
ダンスはイメージをつかむっていうのが、
やはり大切ですね。

投稿: しんじ | 2008.09.10 15:07

イメージのわく良いお話、こんど踊っていただけるときまでに勉強しておこ~~っと。。

投稿: maito | 2008.09.10 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/42423790

この記事へのトラックバック一覧です: 全ダ連研修会:

« ジュリアナ復活 | トップページ | 全ダ連研修会2 »