« サマーパーティ | トップページ | 北京オリンピック »

2008.08.07

「できる人」の感覚

1日ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

ベテランになってくると、
ホールドした瞬間にある程度相手のレベルが
わかる

っていうのがありますね。

言葉では表しにくい感覚というのもあるけど、
スタンダードの場合であれば、

上半身の位置、特に頭の部分が、相手と対角線上の
十分の距離感を持った位置にスタンスがある、
グリップ、つまり、手の握りの感覚はあくまでもソフト、
ボディがコンタクトしている部分の感覚が
「つかず離れず」 的な微妙(絶妙)な心地よさ・・
そして、安定感と柔らかさを感じるボディ感覚、

というふうなところが 「できる人」 の感覚でしょう。

逆に言うと、そういうふうな感覚を身に着けていく
には、どういう訓練をしていけばいいのか、
どういうことを気をつければいいのか、
っていうふうに考えると、
そこにも上達のヒントが潜んでいると思うのです。

1日ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

|
|

« サマーパーティ | トップページ | 北京オリンピック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/42058501

この記事へのトラックバック一覧です: 「できる人」の感覚:

« サマーパーティ | トップページ | 北京オリンピック »