« 教え上手、教わり上手 | トップページ | スローのベーシック10 »

2008.04.11

ダンス理論

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

女性のステップ、
ワルツのナチュラルターンのライズ&フォールは
1の終りにライズを始めノーフットライズ
2ライズ継続、 3ライズ継続3の終りにロアー

スローフォックストロットのフェザーステップの
ライズ&フォールは
1の終りにライズノーフットライズ
2アップノーフットライズ、 
3アップノーフットライズ3の終りにロアー

教科書的にいうと、そんな表現になります。

つまりワルツのように 「徐々にライズしてカウント3
までライズを継続する」ようなライズを
「グラジアルライズ

スローフォックストロットのように 「早くライズしてしまい、
ライズした状態をカウント3まで保つ」ようなライズを
「クイックライズ

といいます。

と言っても、こんな説明知ってる人のほうが少ないでしょ
うね。
知らなくても踊っているわけだから。

一瞬の間にやっていることを、言葉で小刻みに説明され
ると、逆にわかりにくい、みたいな感じもありますね。

ただし、言われてみると 「なるほど、その通りだ」
ということになって、
いわば 「実践の後に、理論を理解する」
ということになるのでしょうか。

迷ったときのよりどころとして、理論を学ぶ意義は
あると思います

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

|
|

« 教え上手、教わり上手 | トップページ | スローのベーシック10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/40851201

この記事へのトラックバック一覧です: ダンス理論:

« 教え上手、教わり上手 | トップページ | スローのベーシック10 »