« 世界10ダンス選手権 | トップページ | ネバーギブアップ »

2007.10.23

決して遅すぎない

よければワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

前向きな人でも弱気になる時はありますね。
そんなときのため、そして私自身のために、以前の記事の
レビューです。

ケンタッキーフライドチキンの創業者のカーネル・サンダース、
KFCのお店の前の、メガネにおひげの人形のおじさんですね。

よく知られている話ですが、人に勇気を与える話なので紹介して
おきます。

彼がケンタッキーフライドチキンを創業したのは、なんと彼が
65歳の頃です。

その年齢になれば、この期に及んで起業など遅い、とあきらめる
のが普通でしょう。

しかし一念発起した彼は、フライドチキンのレシピと販売権を
買ってくれる店、つまりフランチャイズの契約をしてくれる店を
探して、1,000軒以上に営業をかけたそうです。

そしてその全てに断られ、1、010軒目にようやく契約に
こぎつけたのです。

この話のすごいところは、「彼の年齢」と「断られた軒数」
ですね。

さらに言えば、それまでにあまり前例の無い事業をやろ
うというのですから、なおさらエネルギーが要るわけです。
65歳どころか、55歳で 「もう遅い」と諦めてしまう、
1、010軒どころか10軒で 「やっぱりムリだ」と諦めて
しまう、というのが、まあ世間一般の普通のレベルでは
ないでしょうか。

彼を支えたのは 「いいものは必ず人に伝わる」、
「必ずできる」という信念に他ならないでしょう。

私自身も、少し弱気な気持が頭をもたげそうになったら、この話を
思い出すことにしています。

世間一般の常識に付き合って、自分の夢を諦めてし
まって一番後悔するのは、他ならぬ自分自身です。

けっして 「遅すぎる」 と言うことはないのです。
それはダンスにもあてはまります。
事業と違って人間の体力には生理的な限界があることは
確かですが、それも本人の意欲次第で可能性を広げる
ことはできるのです。

よければワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

|
|

« 世界10ダンス選手権 | トップページ | ネバーギブアップ »

コメント

青山さん、ありがとうございます。
hp拝見しました。
人間の心の持ち方で、大きく人生を
変えることができる、それは真理だと
思います。
ダンスにもポジティブマインドが
大事ですね。

投稿: しんじ | 2007.10.31 21:28

はじめまして。

遅すぎることがない。
そのポジティブな考え方大好きです。
欧米人はそう考える方を多いような
気がします。

これからもダンスがんばりましょうね~。

投稿: 青山 | 2007.10.31 01:20

早いにこしたことはないけど、遅くたって
本人のやる気次第!
精神論じゃなく、事実ですよね。

投稿: しんじ | 2007.10.30 00:00

そうなんですよね
「遅すぎる」
ことは、ないんですよね。

「もっと若い時から始めればよかった、遅すぎました」
と私も生徒さんから何度となく耳にしたり
自分自身も壁にぶち当たった時などは
思ってしまうことですが、その時は
「いいものは必ず人に伝わる」、
「必ずできる」というカーネルサンダースさんの信念を
思い出してポジティブにいこうと思います!

応援クリックしていきま~すっ

投稿: まゆみ | 2007.10.28 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/16845383

この記事へのトラックバック一覧です: 決して遅すぎない:

« 世界10ダンス選手権 | トップページ | ネバーギブアップ »