« ビッグバン | トップページ | ワルツのベーシック6 »

2007.09.08

ワルツのベーシック5

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

さて、ワルツのベーシックを再開しましょう。
②スピンターンの3歩(ナチュラルスピンターンの4~6)
・男性側のポイント
スピンターンは基本的にコンパクトに回転半径を小さくすること、
大きく回転しようとするとバランスを崩します。

「1」で左足をやや斜め後方に「内また」気味に下げ、ピボット
ターンの用意をします。
「1」のカウント中でフットワークが 「トウ」→「ヒール」 と移動
します。
つまり「1」でトウ、「&」でヒール、となります。
このときのポイントは女性を 「吸い込む」 ように、しかし、
「引っ張る」のではないということです。

ボディの内側からのほんのちょっとした動きで伝えるような
感じのほうがむりなく伝わります。
腰が後ろにに引けないように、まっすぐに下りた状態でコン
パクトに回転するようにすれば、「引っ張る」現象を避けるこ
とができます。
そして・・・

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

|
|

« ビッグバン | トップページ | ワルツのベーシック6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/16379282

この記事へのトラックバック一覧です: ワルツのベーシック5:

« ビッグバン | トップページ | ワルツのベーシック6 »