« タンゴのベーシック8 | トップページ | タンゴのベーシック10 »

2007.07.15

タンゴのベーシック9

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

リンクは、
ボディの内側からのエネルギーで行うのです。
このあたりも 「インナーマッスル」 の活躍の場です。
腕の余分なリキミはNGです!
つまり、まず左足は女性のかなりアウトサイド前方に出し、
着地と同時に内またにする。
足は大きく開かない、むしろ小またにする。
そして、ヒールからボールへ、というインサイドエッジで床を
シャープにプレスし、ボディの内側からのエネルギーで、ぐい
っと、右にひねり気味にしていたボディを左に戻す。
腹筋はキュッと緊張させます、というか必然的に緊張
しますね。

そして左の骨盤を同時に女性側にぐいっと向けて、そのエネル
ギーで自動的に女性がシャープにPPに開く。
顔は鋭くPPの方に向ける。 
このとき、反動で右の方にバックしてはいけません。
右腕で「動きをせき止める」ようにします。
右足の方に、体重をどんと乗せてもいけません。
左右の足のウエイトは5:5くらいにします。

|
|

« タンゴのベーシック8 | トップページ | タンゴのベーシック10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/15756228

この記事へのトラックバック一覧です: タンゴのベーシック9:

« タンゴのベーシック8 | トップページ | タンゴのベーシック10 »