« 2007年4月17日 | トップページ | 2007年4月22日 »

2007.04.20

ワルツのベーシック9

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

さてワルツのベーシックを再開します。
ホイスクの要領です。

 ・男性側のポイント
カウント「1」左足前進の要領。
前進の前段階でボディをロアーし、上体を突っ込まないように、
右ヒザを充分に緩めながら左足を押し出す感じで、ヒールから
出ます。

カウント「2」~「3」の要領。
左ヒザを伸ばしながら左足を右足の方に引き寄せる。
*ホイスクは「回転」動作はありません。
左足の上で体重を通過させながら、ライズする。
そのときボディの右サイドを充分ストレッチさせライズしていく。
このストレッチによって、左足がスムーズに右足の方に引き
寄せられていきます。
そして、左足は右足のヒールの下を通過して右足の横に
来ます。
そして右サイドのストレッチを保ったままボディトーンを落とさず、
柔らかくロアーしますこの時のロアーのカウントのタイミングは
「3」の後半(あるいは「&」や「ん」)になります。
このとき、ヒールを着くのは左足だけで、右足はヒールは着けま
せん。
覚えていますか。
う、踊りは次へとつながっていくのでしたね
この状態から次のシャッセにスムーズにつながっていくのです。

PPの要領。
「PPに開く」というように言いますが、実際は「開く」という
より、「閉じている」に近いのです。

もし実際に2人が「V字形」に開いてしまったら、まずシルエット
があまりキレイでないということもありますし、女性のボディが後ろ
にひねられたようになり、女性が動きづらくなってしまいます。
ヘッドは進行方向に向き、腰は開くが、おへそから肩までは相手
のほうに向いている、くらいの意識にします。

女性側のポイントは・・

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)
|

« 2007年4月17日 | トップページ | 2007年4月22日 »