« ワルツのベーシック1 | トップページ | ワルツのベーシック3 »

2007.03.30

ワルツのベーシック2

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

(1)ナチュラルターンの前半3歩
・男性側のポイント
ナチュラルターンは「右回り」といっても、時計のように右に丸く
回転してしていくわけではありません。
むしろこの3歩の足は、ほぼ直線上を踊っているのです。
そしてボディとヘッドが、カウント「1」「2」(おもに「2」)
の間に90度回転するのです。

左足の予備足のあと、カウント「1」で下から上に行くような
イメージでスイングします。
つまり、カウント「1」のときは、ボディがロアーした 「低い
状態」にあり、「2」でライズするのです。

ロアーはへっぴり腰にならないように「床に垂直に」下ります。
そしてボディ全体が 「落ちた」状態にしないために、「みぞおち
から上」は上のほうに引っ張られた感覚を保ちます。

そして「スイング」 は・・・

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

|
|

« ワルツのベーシック1 | トップページ | ワルツのベーシック3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/14445878

この記事へのトラックバック一覧です: ワルツのベーシック2:

« ワルツのベーシック1 | トップページ | ワルツのベーシック3 »