« 2007年3月2日 | トップページ | 2007年3月4日 »

2007.03.03

踊りは続いている2

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

「3」でステップがワンセット完了して、次の「1」で次のステ
ップを始める、というイメージでなく、「1つのステップの終わりが
既に次への準備 になっている」というイメージでとらえてくだ
さい。
「ワルツ」に限らず、他の種目においても
 「音楽に乗ってきれいなダンスを踊る」
ためには、この
「ある動作は次の動作の準備につながっている
という ことをよーく理解してください。
これが「踊り続ける」と言った意味です。
「ドスン」でなく、ゆっくりやわらかく下りれば、次のステップ
(例えばシャッセ)に行くための準備(左足での送り-男性の場合)
ができる、ボディも次に行く体勢になっているということになる
わけです。

いわゆる 「ため」 と考えてもらって良いでしょう。
この 「ため」 によって、余裕のある柔らかい踊りが可能になる
でしょう。
ここでも 「みぞおちから上のボディを上の方に引き上げる
意識
」 というスキルが生きてきますね。
実際に部屋の中ででもやってみれば、その意味がすぐ分かると
思います。
そして、特に女性の場合・・

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2007年3月2日 | トップページ | 2007年3月4日 »