« ワルツのホールド5 | トップページ | ワルツのホールド7 »

2007.02.26

ワルツのホールド6

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

  ・女性側のポイント
上体とヘッドは少し左後方に反らします。
男性同様、ヒザはわずかですが、緩んでいます。
「左手が重い」 と男性に言われた女性も多いと思います。
左手は男性の腕を 「つかむ」 のではなく 「柔らかく置いて
おく
」のです。
それも 「台の上に乗せる」 ように置いてしまうと、男性の腕に重さ
がかかってしまうから、ヒジを張って自分自身のテンションで左腕の
状態を保っておく。
例え男性の右腕が下がっても、それにつられて自分の左腕を落とさ
ないようにする。
この意識を保つことで、「女性の左手が重い」 ことから男性を解放 
することができます。

右腕は水平にまっすぐ横に伸ばした状態から、ヒジを45度上に
曲げ、ヒジから先つまり前腕を少し前方にもっていったあたりに
セットする。
踊っている間、右腕は伸ばし切らない、常にわずかに曲げて
おきます。
無意識に腕が伸び切ってしまうのは、ボディの筋力が弱い可能性があ
りますので、筋力強化が課題となります。
そして、男性の左腕が下がってくるの支えてあげるようなフォローが
あるとうれしいのです。

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

|
|

« ワルツのホールド5 | トップページ | ワルツのホールド7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/14053891

この記事へのトラックバック一覧です: ワルツのホールド6:

« ワルツのホールド5 | トップページ | ワルツのホールド7 »