« 日本アカデミー賞 | トップページ | ワルツのホールド2 »

2007.02.20

ワルツのホールド1

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

ワルツのホールドについて、少し連載してみましょう。
ホールドはキレイなダンスの基本、とても大事です。
ホールドのポイントは  「2人がお互いの動きができる位置に
構える、 お互いの領域を侵さないようにする、そしてもちろん、
キレイに見せる」
ことです。
具体的には、
スタンスとしては、 「男性の両足の中間に女性の右足がくる」
まあ、当たり前ですが、もっと具体的に言うと 「男性のスラックス
右脚の折り目が女性のボディの中心にくる」 位置です。
この間隔が狭いと、 「大きな踊りをしたくてもできない」 というこ
とになってしまいます。
そして男性と女性のヘッドが近づき過ぎないように、むしろ「距離を
おく」 くらいの状態を保ちます。

明日は男性の側のポイントを述べます。

ワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
人気blogランキングへ

|
|

« 日本アカデミー賞 | トップページ | ワルツのホールド2 »

コメント

まゆきさん、ありがとうございます。
クイックステップもスイングダンスですから、
基本のホールドはワルツと同じと考えていいでしょう。
注意点は、クイックステップは動きが早いですから、
2人のコンタクトが外れないようにすること、上半身
に余分な力が入らないようにすることです。

投稿: しんじ | 2007.02.23 10:39

モダンのホールドは難しくて、なかなかマスターできません。最初は気をつけていても、いつの間にか頭が相手に近づいていたり、左肘がお休み状態だったりします(^^;
ところで、先日のメダルテストでワルツはなんとか合格し、今度はクイックステップのレッスンを始めています。クイックのホールドもワルツの時と基本的には同じと考えてよいでしょうか。
また、話題にとりあげていただけると嬉しく思います。

投稿: まゆき | 2007.02.23 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/13986372

この記事へのトラックバック一覧です: ワルツのホールド1:

« 日本アカデミー賞 | トップページ | ワルツのホールド2 »