« プラスイメージの言葉を使おう | トップページ | マンボのカウント »

2006.12.19

上手な人って?

よければワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

社交ダンスの 「じょうず、へた」って、ある意味でかなり主観に
左右される要素が大きいですね。

一番分かりやすい例で言うと 「競技会で上のクラスの人が
必ずしも踊りやすいとは言えない

というケースでしょう。
競技会志向で特定のパートナーとだけ何年間も踊ってきて
それ以外の人とは全く踊っていない、というような場合、
もちろん客観的には 「上手」 であることは間違いない
のですが、何年かぶりで他の人と踊ってみると、かなり
違和感がある、ということは大いにありうることです。

踊りやすく心地よい充実感がある」 と感じる人が、自分に
とっては 「上手な人」 と言うのが ひとつの 「正解」 という
ことになるでしょうが、これもいわば 「主観」 ですね。

特定の人からだけでなく 多くの人から 「踊りやすい」 と
言ってもらえる人はやはり 「上手な人」
 と言っていいでしょう。

よければワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

|
|

« プラスイメージの言葉を使おう | トップページ | マンボのカウント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/13122162

この記事へのトラックバック一覧です: 上手な人って?:

« プラスイメージの言葉を使おう | トップページ | マンボのカウント »