« リーダー、パートナー2 | トップページ | 松坂大輔投手とボストンレッドソックス »

2006.11.15

エクササイズのすすめ

よければワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

このブログで、エクササイズをいくつか書きましたね。
股関節を柔らかくする、ボディのパーツを別々動かすアイソレーション
腹筋強化、足腰の強化・・・
毎日1時間もやらなくても、いやできる人はやったほうがいいですが
たいていの人はそんなにはできないでしょう。

しかし、2日に1回30分くらいなら、まあそんなに 「やるぞ!」 と 
一大決心をしなくても、日常の習慣に取り入れてしまうことはそんなに
難しいことではないでしょう。
というより、ダンスを上達したいなら、その程度のやる気は欲しい
ですね。

多くの人が 「体力作り」 や 「健康のため」 に始めたことが
「三日坊主」 で終わってしまう理由の1つは、
始めから気合を入れすぎる、毎日1~2時間といったハード
スケジュールをたててしまう

ことにあります。
無理のないスケジュールを少しずつこなしていくように
すれば、エクササイズをやることが心理的負担にならないですみ
ます。

先日も書きましたが、自分がどんどん上達してカッコよく踊っている
イメージを思い描きながらエクササイズをすれば、楽しくって効果も
倍増、というものです。

そして 「継続は力なり」 、効果が目に見えてくるようになれば
しめたもの、今度はもったいなくて止められなくなります。

もしエクササイズが中途挫折しているなら、そうしたビジョンで
再開してみてはどうでしょうか。

よければワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
      ↓

|
|

« リーダー、パートナー2 | トップページ | 松坂大輔投手とボストンレッドソックス »

コメント

超・斎藤さん、いつもありがとうございます。
ダンスビュウ2006年10月号の「続・ダンス
何でも百科」に「肩の正しい位置を体得するため
のエクササイズ」をご紹介します。
とりあえずこれで充分です。
『少し背中を丸めて両肩をぐっと前に押し出すよう
にする。次に両肩を上に上げながら、半円を描くよ
うに後ろに回していく。次に肩をまっすぐ下、指先
の方向に下ろしていく。注意点を肩を後ろへ行かせ
過ぎて、胸を張る姿勢、にしないこと!」
また堀口史朗先生の書、「ダンステクニック革命」
http://item.rakuten.co.jp/book/4061436/
に肩甲骨の重要性が詳しく述べられています。
是非読まれることをお薦めします。

投稿: しんじ | 2006.12.30 10:39

私は、骨盤と肩甲骨を動かしてます。
骨盤はクカラチャに似た動き、キューバンロック、など。
肩は、ラジオ体操みたいな動きです。
それぞれ5分ずつ、一日10分だけですが、腰の方は変わってきました。

さて、質問なんですが、肩甲骨は、ラテンは近づける、スタンダードなら広げる?感じですが、
肩、肩甲骨を動かすエクササイズをご存知でしょうか?
ダンス雑誌とか「あるある大事典」などから情報を集めていますが、とりあえずラジオ体操レベルの動きしかやっていないです。
肩こりのダンサーもたくさんいると思います。
よろしければ肩のエクササイズも記事にしていただけたら幸いです。

投稿: 超・斎藤 | 2006.12.29 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/12701280

この記事へのトラックバック一覧です: エクササイズのすすめ:

« リーダー、パートナー2 | トップページ | 松坂大輔投手とボストンレッドソックス »