« プライドを尊重しよう | トップページ | オールスター社交ダンス21 »

2006.11.23

ボディを使い切ること

よければワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

日ごろの踊りで、できるだけボディを使い切るように踊ることは、
やはりダンスのレベルアップに役立つことです。

もちろん 「ボディを使い切る」 と言っても 「手抜きをしな
いで踊る
」という意味であり、やたらとカラダを余分に動かすと
いうことではありません。
通常のダンスパーティでは、競技会的にパワー全開で踊るのは
いろいろ制約があることも多いでしょう。
しかし、大きく踊ることは難しくても、ボディを使い切る訓練は、
その気になれば可能です。
レッスンで習ったとおり、ボディを隅々まで使い切って
踊ることは踊りの充実感もあり、上達の道でもあります。

せっかくレッスンでボディの使い方を習っているのだから、
それをパーティの場であれ、練習の場であれ、意識して行うように
してみましょう。

よければワンクリック応援お願いしますね、記事の励みになります。
      ↓
人気blogランキングへ

|
|

« プライドを尊重しよう | トップページ | オールスター社交ダンス21 »

コメント

超・斎藤さん、コメントありがとうございます。
お若いですから、是非
カラダの内部からの動き、インナーマッスル、の
感覚を(かなり難易度は高い動きですが)習得
していかれると良いでしょう。

投稿: しんじ | 2006.11.30 09:33

私はラテンばっかりやってますが、ボディを気にせずに脚のパワーで動いていたようで、軸がブレまくります。
つるつるのフロアでは、まったく通用しませんでした。

>大きく踊ることは難しくても、
>ボディを使い切る訓練は、その気になれば可能です。

なるほど(^-^)
今後は、パーティーでもボディを気にしてみます。

投稿: 超・斎藤@会社の昼休み | 2006.11.29 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/12789966

この記事へのトラックバック一覧です: ボディを使い切ること:

« プライドを尊重しよう | トップページ | オールスター社交ダンス21 »