« ルンバウォーク&ヒップアクション | トップページ | オールスター社交ダンス16 »

2006.10.06

社交ダンスは奥が深い

よければワンクリック応援お願いしますね。
      ↓
人気blogランキングへ
社交ダンスってホントに奥が深いですね
やってもやってもきりが無い。
もちろん他のスポーツや芸術でも皆それぞれ奥が深いのだと思います。
社交ダンスの難しいところは、数字的な記録で表せないという点がま
ずあります。
タイムや距離を競うわけではない、相手をノックアウトさせる、というも
のでもない。

そして、一人ではできないし、一人だけ上手でもダメ。

普通一般のスポーツなら 「自分の実力を出し切る」 のが当然だが、
ダンスの場合は、相手とのレベル差がある場合、むしろ自分の実力
を出し切らないほうが良いとも言える。

さらに、二人とも上手であっても、踊ってみるとフィーリングが合わな
い。

自分はリードしてるつもり、フォローしてるつもり、でも相手にそれが
伝わってない。

同じように踊っているはずなのに、相手によって自分の踊りがずいぶ
ん違って見えてしまう。

相手の体型によって踊りを変える必要があることもある。

等等等等・・・・

まだまだありますね。

でも、     だからこそ  楽しい!
って言えるんですよね。

このテーマはまた折に触れて取り上げていきます。

よければワンクリック応援お願いしますね。
      ↓
人気blogランキングへ

|
|

« ルンバウォーク&ヒップアクション | トップページ | オールスター社交ダンス16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/12175479

この記事へのトラックバック一覧です: 社交ダンスは奥が深い:

« ルンバウォーク&ヒップアクション | トップページ | オールスター社交ダンス16 »