« 乗り越えて行く感覚 | トップページ | ヒールターン »

2006.08.19

踊りのスタート

ワルツ(に限りませんが、例えとして)、踊り始めをスムーズにす
るために。

(ナチュラルターンから入るとして)、男性が左足の予備足を出す
とき、わずかに後方に振りをつけるようにしてから出るようにして
いると思います。

これがいわゆる 「スイング」 つまり、振り子のように、後方か
ら、いわば 「押された」 ような感じですね。

「スイング」の核心については奥が深いので、また別の機会で触れ
ますが、要はこういう動きが女性に 「踊り始め」を感知され、ス
ムーズに踊り出すことができるのです。

徒競走でスタートする時の、イメージを思い出してください。
スタート直前に、後ろに少ーし腕を振って、走り出しますよね。
イメージとしては似ているでしょう。

他の種目においても同じです。
つまり、いきなりステップをするのでなく、「これから踊るよ」
というアクションが女性への 「サイン」(あるいは「気」を伝え
る)として伝わる
ということです。


|
|

« 乗り越えて行く感覚 | トップページ | ヒールターン »

コメント

いっちゃんさん。
ダンスはイメージと言うことが大きいですね。
そういうイメージを大切にしましょう。

投稿: 尾原信次 | 2006.08.23 10:00

躍りはじめをスムーズにするというのは確かにいえますよね。ブランコにゆれているように踊れることを夢見て頑張ります。

投稿: いっちゃん | 2006.08.23 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/11508795

この記事へのトラックバック一覧です: 踊りのスタート:

« 乗り越えて行く感覚 | トップページ | ヒールターン »