« 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月18日 »

2006.07.16

社交ダンスをメジャーにしよう2

昨日の続きです。
いわゆる学連出身の人は除いて、通常の社会人で20代、30代で
社交ダンスの世界に入ってくる人が圧倒的に少ない
、ということを
以前の記事で書きました。

特に男性は、興味を持ってやり始めても、想像以上に難しいことに
ギブアップしてリタイアしていく、ということも書きましたね。
そのためにジャイブから入ると入りやすいということも書いたわけ
ですが、(ジャイブジャイブ2ジャイブ3)どの種目を踊るに
しても、ある程度のレベルになるまでは、「寛容と忍耐」 で見守
ってあげることも必要ではないかと思います。

男性の場合は特に、リードできないと恥ずかしい、プライドを傷つ
けられる、それも女性から言われてしまうということが、よけいに
ダメージになる。
楽しみやストレス解消のためにやろうと思ったのに、よけいにスト
レスになってしまう。
かと言って初心者のうちは独習しようにも、どのようにやっていい
のかわからないから、「密かに独習でレベルアップする」 という
ことはかなり難しい。
・・・ということで、それでなくても少ない、「若い男性」の 
「歩留まり」 がますます少なくなる、ということになるのです。

ダンスがメディアで注目を集めているほどには、ダンスの実人口は
増えているような気がしない
のは、気のせいでもないでしょう。

具体的な対策が必要だと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月18日 »