« 2006年7月12日 | トップページ | 2006年7月16日 »

2006.07.15

社交ダンスをメジャーにしよう

社交ダンス愛好家の圧倒的多数、おそらく90%くらいの人は、
常的な趣味で踊れればそれで良い
、という人たちではないでしょう
か。
ダンス人口全体から言えば、競技会志向の人口は思ってるほど多く
はないでしょう。
そのあたりはゴルフやテニス等のスポーツと大きく違うところです

ゴルフやテニスは、そもそも競技・ゲームをやることを前提とした
スポーツなわけで、ゴルフ人口、テニス人口、イコール競技人口と
いうことになるでしょう。

社交ダンスがスポーツという側面を持ちながら、人と競わなくても
良い、といのは、ある意味で入っていきやすい特徴でしょう。
つまり人と競わなくても、楽しく踊れればそれで十分、と言えるわ
けです。

もちろん上手に踊った方がいいのは当然で、だからこそレッスンを
受けるわけです。

技術レベルを追求する競技会は、それはそれで大きな役割を持って
いますから、大いに振興していくべきでしょう。

そして 「社交ダンスをメジャーにする」 という点から考えれば
日常的な趣味で踊っている圧倒的多数(マジョリティ)の数を増
やす
、ということが大きなカギになるわけです。

私はこの部分が非常に大切だと考えています。
そういう仕掛けをダンス界は是非考えていくべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年7月12日 | トップページ | 2006年7月16日 »