« 自分のバランスで立つ | トップページ | 社交ダンスの12のメリット2 »

2006.06.15

自分のバランスで立つ2

ワルツのダブルリバーススピンや、チャチャチャのスリーステップ
ターンみたいな 「回転量の多いステップ」のときには
バランスを崩しやすいものです。

そうしたステップの時には、「自分のバランスで立つ」ということ
がけっこう大事なポイントになるので、その重要性が理解しやすい
でしょう。

その場合でも、その訓練はもっとシンプルなステップ、例えば、
「リバースターン」や 「スポットターン」でやっておけば、
全く同じであるとは言えませんが、少なくとも応用が利くというも
のです。

チャチャチャの場合は速いので、ルンバみたいに軸足にウエイトを
しっかりと乗せ切っていると、リズムに遅れてしまうこともありま
す。
そこで、もちろんしっかりステップし、体重の移動もきっちり行う
のではあるのですが、ルンバのときよりは、床へのプレスは軽めに
して、スピーディーかつ小幅でステップしていくようにします。

|
|

« 自分のバランスで立つ | トップページ | 社交ダンスの12のメリット2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73522/10525171

この記事へのトラックバック一覧です: 自分のバランスで立つ2:

« 自分のバランスで立つ | トップページ | 社交ダンスの12のメリット2 »