« 2006年5月31日 | トップページ | 2006年6月2日 »

2006.06.01

エクササイズ番外編

さて、タッチタイピングです。

両手の指にはそれぞれ、分担するキーボードがあって、「どの文字はどの指で
タイプする」というように決まっています。

それを指が無意識に動くところまで、何百回(何千回?)も指先を見ないで、
タイプして、指先に完全に覚えこませるのです。

具体的には、アルファベットの「F」が左手の人差し指、「J」が右手の人差
し指、その状態からそれぞれ左右に、左手の中指が「D」薬指が「S」小指が
「A」となります。
そして右手も同じように、中指が「K」薬指が「L」小指が「+」となります。

入力するときには、そのように指を置いた状態、(これをホームポジションとい
いますが)を基本形として、タイピングしていきます。

その他のキーボードは 「その近辺の指が担当する」 ということで、具体的に
は決まっていると思います。

どれくらい練習すればできるようになるか、それはある程度個人差があるでしょ
うが、私自身はもう大昔のことなので、あまり覚えてませんが、そんなに苦労し
た記憶はありません。

数週間?いずれにしても、覚えてしまえば一生使える技術なので、是非チャレン
ジしましょう。

社交ダンスにも役立つ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年5月31日 | トップページ | 2006年6月2日 »